スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vaughn Anthony f/ John Legend"Hold Me Down" 

Vaughn Anthony

John Legend主宰のレーベル"HomeSchool"所属アーティスト、Vaughn Anthonyから"Hold Me Down"。John Legendのバックボーカルとしてツアー帯同の経験があり、Mixtapeも発表しているようですが、主だった経歴は分かりませんでした。しかし、設定上の間柄ではなくJohn Legendの実弟。と、言う事実だけで充分な衝撃を受けます。



Vaughn Anthony f/ John Legend"Hold Me Down"

確かに、歌唱の輪郭と色合いはお兄ちゃん譲りな印象を受けます。細かい所では、ゴスペルにルーツを置くお兄ちゃんの渋味と素朴さあるオーセンティックなソウルと比較するに、ファルセットの音域に加えてLL COOL J aka 筋肉大魔神直系のガチムチに不釣り合いな柔和な顔も手伝い、軽さと可愛らしさが際立つ。

vaughn.jpg


ボストンコンサルで働いていた期間があり、佇まいと歌詞が優等生であるお兄ちゃんと対照的な体格にベースボールキャップを合わせる彼へTweetを飛ばすと返事くれますこのエントリー、ホモセクシュアル風味溢れる。
スポンサーサイト

Joonie"Acoustic Love" 

Joonie 2

http://www.jooniezone.com/

お勤め暮らし中に受けた音楽プログラムにより音楽の才能を開花させたLyfe Jenningsは稀有中の稀有な例で、米国歌手アルアルは音楽が絶えない家で育つ。または教会で歌の楽しみを覚えた。が、大部分を占めます。今回紹介する1981年12月11日生まれノースカロライナ出身の自作自演型アーティスト Calvin "Joonie”Gary Jrはどちらの例も当てはまります。

まず、彼の母親は歌手、父親はキーボード奏者の家庭環境の元で音楽の素養を身につけ、上と重なりますが教会で歌の楽しみを覚えます。当時抱いた夢は作詞家、作曲家。しかし、自分の作品を歌に乗せて届ける人間を探し出せない不運に見舞われ、結果として歌手の道も歩み始めました。デモ曲を送るとその一つがWarren Gの元に届きメジャーレーベルと契約を交わすに至ります。

現在の所属先がインディである経緯は分かりませんが、これまでにElliot Yamin、Ruben Studdard、Nappy Roots、Angie Stone、Def Def(未発表"No Promises")らの製作に携わります。Elliot Yaminのツアー同行した事があると言うので、もしかしたら、来日経験があるのかも調べてみると

wating for you


billboard tokyo

ELLIOTT YAMIN @ Billboard Live , June 17-20th,2009 

来てました。なんかウケル。


Joonie-acousticlovecover.jpg

"Acoustic Love" is available now on itunes


“ACOUSTIC LOVE” TRACK LISTING:

01. So Fly
02. Fresh
03. Delilah
04. You Got Me
05. Acoustic Love
06. Love You More
07. Always
08. Just the Way You Are
09. Smile
10. Make It Last
11. Lay It Down
12. Stalker

全曲試聴可能です。

俺が最も勧めたいのはアルバム表題曲でもあるAcoustic Love。


上記の経験が、彼自身の創作意欲を奮い立たせ数年来の友人であるKenny Berealに協力してもらいデビューアルバムの製作に着手。4月27日にはアルバム"Acoustic Love"を発表する運びになります。このアーティストは自力で発掘した訳でなく今年の3月に以前とあるアーティスト絡みで知り合った外国人A&Rに教えてもらったというか担当するアーティストのようです。俺はアルバムを無料で受け取った訳ではなく、良い音楽なので紹介します。マーケティング業者からの金銭の授受の元で有名人がブログ等を通じてで私のお薦めです♪と、紹介するよりは健康的だと思うので、まずはSunShine、The UnOpened Door、No Promises、Could You Beの4曲の無料配布が彼のMyspace日記で行われているので、DLして聞いて見て下さい。



you're my Sunshine...

アルバム未収録ですが、無料配布が行われているのでピックアップ。歌詞内容はツアー中(だから、Elliot Yaminのツアーの経験を生かして創作したものだと解釈。)で距離は離れていても心は一つ、大切な女性は君だけ。歌声は特別甘い訳ではなく簡素化された乾いたものですが、楽曲との軽妙さ心地よいので、休日の昼下がりにでも流したい曲です。

IYAZ"Replay" Prod. by JR東日本 

iyaz-replay.jpg


たまにはチャート確認をして置かないといけないな。マイスペフレンドがIYAZの曲をBGMに設定していたので、調べてみると最新のビルボードシングルチャート2週連続14位に食い込む"Replay"を送り込んでるアーティストであると知る。"Replay"の製作者はSean Kingstonを発掘したJR東日本、掃除機のスイッチを入れ空気を吸い込む音のようなイントロ(例え悪っ)はジェジェジェエジェーアールの掛け声前に彼の製作だと推測できる人もいるのでは。参考に彼の仕事を乗せて置きます。Auburn"Top Of The World"

20歳のシンガーソングライターであるIYAZのアーティストとしての道は突然開ける。2008年5月、IYAZのMyspaceの受信ボックスにSean Kingstonからのメールが届く。しかし、無名アーティストである自分にSeanは何の用があるのか?懐疑的になった彼は返事を出さなかった。一方、IYAZを気に入りメッセージを送っていたSeanは更に3通送りそこで初めて彼がようやく反応。その後は、SeanがJ.R. RotemにIYAZを紹介、こうしてメジャーデビューシングル"Replay"が完成する。その背景にプロデューサーにMyspaceで発掘され成功したアーティストがアーティストをMyspaceで発掘する深いぃ~物語が存在したんですね。

 

 

歌詞を簡略するとモールで声をかけようか迷っていると逆に声をかけてきた女の子、見事その女の子を彼女にすることが叶った彼は四六時中彼女のことを考えているといった所。曲調はレゲェのフレーバーを取り入れたR&Bと言った方が適当なのかそれともその逆なのか?爽やかキャッチーなこの作品は非常に耳に残ります。歌詞に目をやると"shawty's like a melody in my head"と歌い始め、" its like my iPod stuck on replay, replay"と現代っ子らしい言い回しとした歌詞は可愛らしい。エロ節が全く見当たらない青少年向けな楽曲。

I can be your melody
A girl that could write you a symphony
The one that could fill your fantasies
So come baby girl let's sing with me


最終節での締め方がええ。

余談になりますが彼女のことをMelodyという比喩で例える、この表現は大好物。Usher f/ Beyonce and Lil Wayne"Love In This Club Part 2"にてUsherは"You’ll be stuck in my head like a melody"と歌っているので、そのフレーズを気に入った俺は当時の彼女のmixi紹介文を書き直しその一文をコピペ・・・。ナツイ。



マイスペフレンドがBGMに設定していた曲はKeri Hilson"Knock You Down"のトラックとタイトルそのままに歌うIYAZ"Knock You Down"。歌詞だけは変えてあります。

現在、アルバムの発売日は未定。しかし、デビューシングルのチャートリアクションは上り調子の上にMVも投下されたのでTOP10入りはほぼ確定的なので急ピッチで仕上げてきそう。今後が楽しみなアーティストであると共に本名Keidran Jonesくんの芸名IYAZの読み方が気になる。あいやーず?

Alexandra Burke f/ Flo Rida"Bad Boys" 

alexandra bad boys

Leona Lewisを輩出したイギリスのオーディション番組The X Factor(オーディション番組の元締めサイモンは勿論審査員として出演)の昨年度の優勝者であるAlexandra Burke。本人の誕生日でもある8月25日にアメリカデビューシングルがFlo Rideを客演ゲストに呼んだ"Bad Boys"との旨が公開された。プロデューサーはBoAのアメリカデビューシングル” I Did It For Love”を製作したPhantom Boyzが担当。4年も前から購入してないけど、今でもBoAが好きだから適当に名前出してみる :P

1 more day 2go!! Tomorrow will be a very special day in my life! You all get to hear the single and I turn 21!! Wooopieeeee!!!!!12:39 AM Aug 24th TwitterBerryで

http://twitter.com/AlexandraMusic


喜びを隠せない様子。





デビューを待ちわびていたアーティストであるけど、あまりのニュースの無さに忘れかけていた。そんな中で飛び込んできた新曲はオーディションの最終選考の課題曲であり後にシングルを出したLeonard Cohen” Hallelujah “とは180度変わってのクラブ向けアップテンポ作。mixiの参加人数増えるかな。参加当時は俺を含めて3人で、今現在10人。Ooooops.


追記

she is a great person!! a friend from her lable "sony" loved the track and picked it for her!



myspaceを使ってこの曲のプロデューサーPHANTOM BOYZに彼女のことを教えて!と、聞いてみたらAlexandra Burkeの公式Bioをコピペされたものが届いたから、うわっ、しっかり探せと言いたいんだなと受け取っていたけど、その前に上の返事をもらえてました、2009/08/27。

phantomboyz.jpg

http://www.myspace.com/phantomboyz

Jeremih"Birthday Sex" Prod by Mick Schultz 

 Jeremihbirthday.jpg

今年の2月にIsland DefJam GroupのチェアマンL. A. ReidとA&Rの副社長 Karen KwaKの二人の前でパフォーマンスを行うと即日Def Jamとの契約を交わすに至り、自身の名前を冠にしたデビューアルバム"Jeremih"が6月30日発売予定とかなり駆け足で成功への道を突き進む弱冠21歳のシンガーソングライターJeremih。

一際目を引く”Birthday Sex”という楽曲タイトルだけに軽くチェックはするも深く調べることなく終了していたけど、この頃よく目にするようになったなぁーと感じていたので再度調べてみるとビルボード総合では9位、R&Bチャートで男性アーティストとして最も長い14週連続首位の記録を樹立したJamie Foxx f/ T-pain "Blame It"に替っての首位を飾ると現在2週連続首位のチャートアクションを魅せる。俺が知っていたのはFabolous&Brooke Hogan、Trey Songz 、Pretty Ricky、R.Kellyの4曲のみだが、他にはPitbull、 Teairra Mari、B.X.C、Ludacrisらそれぞれ参加したRemixが乱発(今後も拡大予想)されている現状を見ても注目と話題を集めている。



5月31日にはMVが解禁にされたので、まだまだチャート上昇の余地があり。この楽曲を最初に聞いたのは3月。Jeremihの日記によると1月31日からiTunesでの発売を開始していたようなので、若干波に乗り遅れました。

Jeremih.jpg


本名 Jeremih Felton、シカゴ生まれの彼は同世代の子供がクリスマスのプレゼントでビデオゲームやおもちゃを買い与えられる中で楽器を買ってもらう環境で育ち、独学により高校時代にはサックス、ドラム、ピアノ、ベースギターを扱えるようになる。地元のタレントショーにてStevie Wonderのパフォーマンスをしなくてはならず、Jeremihはそのステージにできる限りの力を注ぎこみ挑んでみると観客の反応が非常に良く、それ以前までは意識をしていなかった情熱を目覚めせさえることになった。ラッパーから転身した歌手ではないもの機知に富んだ韻を踏む形式の詩を書くことに興味を持っているという。

JnMick Schultz


大学の過程登録をする為にシカゴに戻った時に、偶然にも若いプロデューサーと知り合い、短期間であったが一緒に仕事する機会に恵まれ無題のアルバムを制作する。“彼はひとつの才能だけを持ち合わせているのではなく、聴衆が望むならラップをするし、歌いもするし、とにかくなんでもするんだ。アルバムを聞いてみると彼の才能を否定することはできないよ、絶対に。"と、Jeremihのプロデューサー、Mick Schultzは語る。

若いプロデューサー=Mick Schultzかな?

"Birthday Sex"はJeremih自身の体験を元に書き下ろしたものだそうだ。イントロの入りではオルゴールのネジ巻きから始まり動き出したオルゴール音と共にメロディが展開なされる。このオルゴール音がイントロとサビの随所で鳴らされ気だるいメロディに一層の無気味さと静けさを演出、Jeremihの歌声とはまり涼感ある甘美な世界を披露。スローセックスへ導くセックスソングですので(?)是非皆さん、使ってみては・・・。Jeremihの歌声にはAkon風味漂う余韻がどことなく感じられるんだよな・・・いいわわわわ(birthday sexの歌唱風に書いてみる)。

DAY26_Album.jpg


Day26内で1番かっこいいと俺は思う、Willie TaylorはJeremihといとこ。

Mick Schultz

Jay Seanに見えなくもないこの写真。

この曲で一発当たったのでJeremihと共にMick Schultzの動向にも注視したい

Kristinia DeBarge 

KristinaDeBargeGoodbye.jpg


「夢にときめけ!明日にきらめけ!」”どこかの熱血先生が激を注いであげちゃいそうに眩しい笑顔している彼女は80年代にヒットを飛ばしたファミリーバンド” DeBarge”のメンバー”James DeBarge”を父に持つKristinia DeBarge。JamesはJanet Jacksonと一時期結婚をしていたようなので、彼らの間の子供かと思い調べてみたら彼らの子供ではないことが分かった。

話を戻します。03年にはリアリティ番組でテレビデビューを果たし、先月下旬にはSteam が60年代に発表した"Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye”をサンプリング、Babyfaceと The Pentagonの共同プロデュースによる”Goodbye”でメジャーデビューを飾りビルボード総合チャートにて42位の成績を記録しTOP40入りも間近です。と、下書きをしたのが5月上旬だったので再度、順位を確認してみると30位まで上げて来ている。矢継ぎ早に次なるシングル“Gotta Be Love”が発表、デビューシングルよりもこちらの方が好きなのでこの曲を試聴できるように貼って置きます。尚、Baby faceのレーベルからこの夏デビューアルバムが発売される予定です。



さらりと紹介終了。

ここからが本題で、この子のお父さんのグループ”Debarge”も”I Like It”という楽曲も今の今まで知らなかったけど、聞いてみるとあぁーーーーーと声出してしまうほどに聞き覚えあるある。調べてみるとこの曲をサンプリング or カバーで扱った楽曲の量がスゴイ。と、書いてる俺、恥ずかしい。でも、いいんだ。調べている過程で長年、探し求めていた曲を見つけることができた。





Harlem World"I Really Like It"

やーばーい。嬉し過ぎるよぉ~。


あれはまだ18歳だった・・・19だっけ?まぁどっちでも大して変わらないけど、4,5年前に行った六本木のClubで流されていて、うわあああああああこの曲なんてんだ~?と気になりまくったけど、一緒に居た友達に聞いても分からず”I like it “の連呼には気づかずI really like itを検索にかけてみたけど、見つからず捜索を断念。こうして知る機会に巡り合えてよかった。そう言えばDJブース前で 今となったらわかるけど、I like it のサビに合わせてものすごく可愛らしく踊っていた2人のねぇーちゃんがいた記憶も蘇える。あうあ~。

dilikeit.jpg


Coline 

coline.jpg

テキサスはヒューストン出身、22歳のシンガーソングライターColine。幼少から歌とダンスに慣れ親しみ、地元のショーに出演、影響を受けたアーティストにはSam Cooke, Donny Hathaway, Aaliyah, Brandy, Tamia, Beyonce、Neyoをあげているので歌だけで勝負するというよりも歌って踊れるエンターティナーを目指しているようです。 他の詳細は後ほど。



Coline"Give And Take" Prod. by Happy Perez , Written by Coline


Colineを調べてみようと思ったのは海外サイトを閲覧していたら続けて2サイトで彼女の曲"Give And Take"がアップされていたのがきっかけでした。調べてみたら彼女が開いてるYoutubeに行き着きその曲は2年も前の曲だったことが分かったので、なんで今頃~?と思い彼女のMyspaceに飛んで"君の曲聞いて興味もったんだけど、詳細が書かれているページが見つからんよ~"とメール。そしたら"何が知りたいのか教えて!"ってからちょこっとインタビューしてみた。

せっかくだからColineからのメールは原文で、俺の質問は日本語にします。

Q1:Give And Takeを聞いてるんだけど、いい曲だね。まずこの曲を届けてくれてありがとう!この曲は誰がトラック制作して、作詞したのですか。また、いつ作られたものなんですか?

Thank You! The track is by Happy Perez and It was written by me! I actually wrote and recorded "Give and Take" in 2007.

Happy Perezを調べてみるとヒューストンを中心に活躍するトラックメイカーであり、Ludacris、 Chamillionaire、Ruben Studdard、Baby Bashらに曲提供したことがあるようです。

Q2: アルバムを発売する予定はありますか?

I am currently still workin on my album, So I dont have a scheduled release date yet. But I do have a mixtape out right now called " Diamond in The Rough". It is available for free download online!

そのMix Tape探してみました。Slim Thug, Paul Wall, Lil Keke, Dj Drama, DJ Khaled, Solange Knowles, Grit Boys, Anzeo, Ib3, Trae and Chamillionaireが参加しているとされていますが、正直どれがどこで出ているのかわからない、、、勿論Give And Takeは収録されています。

DIAMOND IN THE ROUGH

Coline - Diamond in the Rough

欲しい人は上の文字をクリックして飛んで下さい。

Q3: これまで他の人に曲を書いたことがありましたか?もしあったのなら誰に曲を書いたのか教えて下さい。

I mostly write for myself, but I have submitted songs to some R&B artists recently, so hopefully that turns out well!

Q4: 一緒に仕事がしたいアーティストはいますか?

I would love to work with Jazmine Sullivan (I think she is a super dope artist and writer), Mario ( I love his voice!)and the The Dream (The Dream brings a feel good, wanna dance vibe to every record he touches...I would for him to write a song for me!)

グラミーに複数ノミネートされるも受賞には至らなかったがアルバムの評価がすこぶる高いJazmine、リークした曲は数知れずアルバム3枚くらい出せるんじゃないかMario、それに引く手あまたのHotなシンガーソングライターThe Dreamを選んでいます。

Q5: シンガーじゃなかったら何になっていたと思いますか?

Being a singer has always been my dream...I couldnt see myself doing anything else!


Q6: 今、iPodには誰のアルバムが入っているのですか?

Right now I am listening to Jazmine Sullivan, Slim Thug and Brandy!

一緒に仕事したいJazmine、仲間のSlim Thug、影響を受けたアーティストの1人であるBrandyを聞いてるようです。

Q7: 何か日本について知ってますか?

Ive actually been to Japan before!! I went to Tokyo with my grandmother when I was 12 yeard old! I had a blast. I learned so much about the culture, food, etc. I also learned how to make origami and speak a little japanese!

日本に無関係かと思ったけど、驚きの事実。
折り紙はプリズンブレイクが影響したのかな?違うかっ。


以上です。
ありがとおおおおお Coline!

大した質問を考えられなかったけど、しっかりきっちり答えてくれた彼女に好印象を持ちました。Bioによると本年度、インディアーティストを称える賞においてBest Independent Female Artistにノミネートするなどしているので本国ではそれなりの知名度があるのかもしれません。Bioの締めくくりにはLadies and Gentleman keep your eyes open and your ears to the streets, because Coline is here...と記させてこの書き方を後で真似っ子しょうと思った。! 気づいた方もおられるかもしれないが、最初の疑問は聞くの忘れてインタビューは終了。まぁ数年前の曲が徐々に広まるってことは無い話でもないのでどこか人気のサイトに載せられたのかな。アルバムが日本に届くこと期待して終わります。


http://www.myspace.com/colinecreuzot

http://www.youtube.com/Creuzotchic
▼... Read more ≫

Melanie Fiona "Give It To Me Right" 

melanie_fiona.jpg



国内のBlogでは紹介されてないが、海外のBlogでは昨年末から徐々に紹介されつつあるシンガーソングライターMelanie Fiona。Rihannaの作詞を手掛けたことある彼女のデビューアルバム "The Bridge"がユニバーサル傘下の名門モータウンから5月発売予定となりました。

前途のように現在の知名度は(というより露出度?)高くない新人アーティストですが、"違いの分かる"男Kanye Westのヨーロッパツアーのオープニングアクトに担ぎ出され、才能が認められているアーティストであるのでアルバム発表と共に人気が高まりそうです。いろいろ探してみたけど、The Zombies“Time of the Season”をサンプリングした"Give It To Me Right"の1曲しかまだ聞いてないのに適当なことを言うけど、Jazmine Sullivanと似たような雰囲気を受けなくもないよーな。アルバム発表の時期は異なるけど、比較対象される存在になるかもしれません。ルックス的にはMelanie Fionaにわっしょーいと軍配が・・・これ断言。

アルバムの制作陣はFuture Cut(Dizzee Rascal、The Sugababes、Nicole Scherzinger ), Vada Nobles(Lauryn Hill、Rihanna),Stereotypes(Ne-Yo、Omarion), J. Phoenix, Peter Wade, Salaam Remi(Amy Winehouse、Nas、Ciara)・・・など。と、名前を見た所で、その人のワークスを思い出すことができるというより調べてみたらすごかった系のプロデューサーの名が揃ってました。もっと勉強が必要やぁ~要チェックやぁ~(彦一)長い間一人でソングライティングを行っていたMelanieにとって一昔前にアルバムデビューを飾った裏方さんであるAndrea Martinとアルバム制作で出会ったことは、アルバム内容をよりよいものにすることができたようです。



Melanie Fiona"Give It To Me Right"いかがでしょうか?


Born to Guyanese immigrant parents and growing up in a music-filled house in the inner city of Toronto, Fiona knew from the very beginning that music is what moves her. "My mother, who shares my love for music, played everything from The Ronettes to Whitney Houston around the house as I grew up. My father would let me sit on the stage while he rehearsed with his band as a guitarist. "

                                   Melanie FionaのBioより

アーティストのBioを読んでいて幼少時の家庭環境は大切だと常々感じる。それが音楽に限ったことではないけど、音楽好きになってもたいので将来子供が出来たら押し付けじゃなく、密かに音楽を流していたいと思う。笑 ちなみに、ガイアナという国を知る機会が無かったので調べてみたら南アメリカにある小国でした。これで一つお利口さんになりました。

Sterling Simms"Yours, Mine And The Truth" 

Sterling Simms - Yours, Mine And The Truth



01. All I Need
02. Playa
03. DIU (80 on The Freeway)
04. Single
05. Bad Dream
06. Jump Off
07. I Know
08. Boom Boom Room
09. Best Friend
10. Doin' Dat Dere
11. Sex In The City
12. Let Her Go
13. She Should Be Thinking Of You


ねぇーさん!事件です。

Def Jam期待の新人とされながら(たぶん)目立った活動が無かったSterling Simmsがデビューアルバム"Yours, Mine And The Truth"を年末商戦にギリギリ・・・むしろ終わりかけの今月23日に発売されます。しかし、このアルバム売れそうにない

まず、デビューシングルとなるナンパソング"Jump Off" feat Sean P(of YoungBloodZ)は06年に発表されHot R&B/Hip-Hopチャートで56位を記録。07年、Jump OffのPVが出来る位に矢継ぎ早にセカンドシングルとなる80年代レトロ風トラック"Natsy Girl"が発表されるも1st以上のアクションを起こすことなく117位という低調なセールスに終わり、その結果デビューは遅れることになる。

08年11月にはLL Cool J"I Need Love"をサンプリング、いわゆるドリームチーム(The-Dream & Tricky Stewart)制作、レーベルメイトJadakissを将へいした"All I Need"を発表したんですが11月29日の初登場時は123→124→圏外と前2作を下回る結果に上位チャートのヒット請負必殺チームを持ってこの結果。

1か月前までのアルバム発売予定日が12月9日だったのを考えるとレーベル側としたらドリームチームでのヒットの予測を立てられるので、チャートリアクションでもって市場の知名度と期待を持たせようとでも考えての23日だったんでしょうか。(俺としては1か月も待てばアルバム出るんだから、わざわざシングルを購入はしないんだけど)早々に圏外に逝ってしまってはアルバム購入の一つの目安になることもなく無駄なカットになりました。

悪材料を並べてるけど、彼の声は好きだしSterling Simmsのコミュ管理人としては購入します!収録楽曲の内聞いたことあるがのが4曲ほどあるけど、他を期待しながら・・・ね。あと、気にいっていた楽曲が2つ程あったが、その2つが未収録なのは残念であるので1番好きなオススメを貼って置きます。ナヨ声ではこういったスロウな曲を持ってきた方が聞けると思う。加えて、"True Love"のタイトル付けて良くない楽曲はない。Faith Evans(これはもう3,4年前のことになるけど、ものすごく聞いた),James Fortune & Fiya,藤井フミヤ...笑




Sterling Simms"True Love"



Ben 1 f/ Shawnna"Never Leave My Girl" 

パシフィコ


心に余裕がないと適当な記事を書けないことを覚えた今日この頃、ニッチな音楽情報を提供するtakeruが久しぶりに登場。細々とした問題はともかく、1つのどでかい問題に対して取り組んでいた日常に、まさに青天の霹靂の如く、突如姿を現した新たな問題の解決方法があまりにも難解だ。その間に介在する諸隔離をどのように除去していくべきなのか途方に暮れています。一喜一憂ではなく一憂二憂の緊張状態が2週間続き、腹減っても食は咽を通らず、寝るにも寝付けず、大した睡眠時間が取れずに朝を迎える。ベルトは通常の穴よりもきつく締めて履いてるし。そりゃ~"痩せた?"って友達に聞かれる。正確にはヤツレタんです。笑

benone.jpg


今回紹介するアーティストの楽曲は3週間位前に耳にしてはいたのですが、上記の理由で紹介できる状態ではありませんでした。シンガーにありがちな音楽ファミリーの下で育ち、兄弟を含めたRnBグループに所属、それなりのヒットを飛ばしていたようです。Sonyにも所属をしたこともあったらしいですが、グループの活動は長くは続くことがなかった。所属がインディであるにも関わらず先週にはビデオが公開、今後の活躍が期待されるBen 1から"Never Leave My Girl"。客演にはDTPの紅一点ラッパーと言われて久しい”Shawnna”が参加、活動してたんですね~エッジの効いたラップを披露しています。ビデオが公開されなかったら俺のiPod内での回数をひたすら増やすだけで陽の目を浴びることはなかった。サビがゲキキャッチーなので1,2回聞けば一緒にサビ部分歌えちゃいます。edgyな歌です。イケテル歌です(死語?)Never Leave My Girl...

Ben 1 f/ Shawnna"Never Leave My Girl"




ビデオでは終盤、早回しのRMXが流れます。
| HOME | NEXT

Calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

FC2カウンター

プロフィール

takeru

Author:takeru
I’ll be here enjoying music until the day that I die ヒィーハァー.

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。