スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jason Derulo@渋谷WOBM 

jason_derulo.jpg

3月24日渋谷WOMBで行われたJason Deruloショーケースライブに行って来ました。今更、説明不要かと思いますがJason Deruloメジャーデビューシングル"Whatcha Say"がチャートを制した同時期にタイガー・ウッズが18番ホール外での事件を起し歌の内容が浮気謝罪ソングだということもあり話題になり、予期せぬタイガーの身を切るプロモーションの援護を受けて(?)遂に日本デビューです。

ダンサー4人を引き連れ本人もパワフルなダンスで場を沸かした"Sky's The Limit"、女性ダンサーとダンスでの絡みを見せる"Ridin' Solo"、次に歌う曲はセカンドシングルだと説明し"In My Head"、ステージ上にはJasonを1人残してバラード"What If"、サビで観客に向けてジャンプを仰いだLove Hangoverを歌い終えてからMC陣2人を交え質問コーナーへ。

タイガー本人と面会する機会があるとしたら何と声をかけたい?の問いにJasonは"ウワキハダメヨ~"と回答しこの日一番の爆笑を集めた直後にタイガー・ウッズに扮したノッチがこれまたボディーガードに扮した相方に付き添われステージではなく観客集まるフロアの後方から登場。往年のYes,We Canで場を沸かし旬を過ぎた芸人でも実際目の当たりにすると面白い。他にもタイガー・ウッズをもじり何か笑いを取ろうとしていたが残念ながら記憶に残っていないので前言撤回。最後に皆が待ち望んでいた"Whatcha Say"を披露し終了しました。

Jason Derulo 

アルバムの作りは驚くほどに全方向的なアプローチが取られた意欲作ですが、まず何よりも彼の声が素晴らしいので難なく聞けるのに加えて、デビュー作品でありながら客演を一切迎えない潔さに自信の表れが感じられ好感が持てます。収録曲中のお薦めトラックは声を伸ばした余韻の残し方と情感の込め方がTrey Songz的な哀愁漂うバラード"Queen Of Heart"。しかし、今回のライブではアルバムのトラックナンバー1~6が順不同で歌われていただけに最後尾に収録されたこの作品は思い入れ薄なのかな?と思ったり。タイトルは標榜を据えないセルフタイトルの作りなだけに次回作ではいくらか方向を絞ってくるんだろうし、セカンドシングルのチャートアクションも順調なので今後の活躍にまぢで期待が持てるシンガーだと思います。

つぶやき

MCを務めたDJ TAROは開場後30分DJとしてフロアを温めていました。プレイリストの中に気になった箇所があったので、ツイッターで"Empireへ繋げた曲はFrank Sinatra"New York"でしたか?"と尋ねてみると"Jay-Z feat.Alicia KeysのEmpire State Of mineのイントロに入れたのはフランクシナトラのNew York New Yorkです"との返答が。やっぱり~!渋谷では聞いた事が無いけど、客層の7割方外国人のクラブではシナトラ大合唱の盛り上がりままEmpireで更なる盛り上がり魅せる黄金の組み合わせなので心躍りました。俺はNYNY歌えないけどw。それにしても、Empire State Of mineをEmpire、New York New YorkをNew Yorkと端折った俺に対してフルでの回答してくれたDJ TAROさん親切だ

スポンサーサイト

エロエロ大魔神"ECHO" 



ひぃーはぁー。開口一番放っておきたい言葉です。この言葉、俺の周りでの浸透率は皆無で1人叫んでる状態なので、淋しい限りです。クラブに行く仲間でも、賛同者が1人。と、何れにせよ淋しい状態にかわりないので、コメント残す際には是非・・・!ちょっと、ちょっとやらねばならぬ事を後回しにして尻に火がついてから猛ダッシュで仕上げた。手が腱鞘炎に近い状態になり俺の字は残念賞を受賞しているなペン習字習うかな・・・と思いながらもギリギリ間に合った。あとは祈る...。

久しぶりのエントリーはエロエロ大魔神の異名を持つ俺のアイドル、ロバート氏が公開した"ECHO"です。笑いを堪えて最後まで見る事が出来る人がどれだけいるのでしょうか?実際、ロバート氏はお茶らけている訳でないことは十二分に分かるだけに、牧歌的アルプスの山々の背景が映し出される中でヨーデルをエロと融合させる離れ業の対比が面白い。喘ぎ声をこうして表現できるのは本場のヨーデル歌手と彼しかいないでしょう。前者はやっているかもしれないという憶測で、確認のしようがないだけに、、、やはりロバート氏は偉大です。

気づいている方もいるかもしれませんが、遅くなっても22時丁度にエントリーされたようにしています。見せかけの几帳面さ。整いました~

先週末の話。 

DSC02603.jpg

サンシャイン行きを決めていたのですが

モナコ提案が否決されたのを祝いに鮪の家族を見に出かけてきました。

葛西臨海水族館

さいこ~。

Leafy Sea Dragon

Leafy Sea Dragon=この世の物とは思えない。

IMG_1044.jpg

IMG_1045.jpg

IMG_1046.jpg

IMG_1047.jpg

愛嬌あり過ぎて和んだ。

sushi aquarium2

Sushi+Aquarium=Great Combo

K'naan"Waving Flag"  

KNaanWaving Flagtroubador

2pacを敬愛するソマリア出身の吟遊詩人。

ソマリアの戦争難民として移り住んだ地、カナダにてラッパーデビューを果たしたK'naan。中世の吟遊詩人を意味するアルバム“Troubadour”では、自身の特異な経歴から養われた見地と繊細な感覚で紡ぎ出された言葉で、祖国の内情を伝えると共に祖国を鼓舞する。幅広い音楽を取り囲みながらも、どこを切ってもアフリカルーツが色濃く滲む音楽性に、彼の乾いた歌声が絡む楽曲は、優美な余韻を残して聴き手を心地よくさせる。収録曲である”Waving Flag”は南アフリカW杯公式応援歌に採用されている。今年の活躍に期待が持てるアーティストの1人と言える。

【お薦めトラック】
T.I.A、Dreamer、Wavin' Flag、Fatima。



K'Naan"Waving Flag" (Celebration Mix)


When I get older, I will be stronger
They’ll call me freedom, just like a Waving Flag
When I get older, I will be stronger
They’ll call me freedom, just like a Waving Flag
And then it goes back, and then it goes back
And then it goes back

"Waving Flag"は装いも新たにRemixが施された楽曲が今週に入りMVが公開されました。オリジナルはこちら

世界各地の子供がサッカーに興じる映像見ると小学校時代2年間で挫折しなければ、俺もサッカー選手になれたんじゃないかな。とMVが全く意図しない後悔の念が浮き上がってきます。世界全体でこの祭りを楽しむ準備ができている様子。それもアフリカ大陸で!初めて開催される大陸以上に意義深い今大会に参加する日本チームは依然としてベスト4を目指す声が空虚に響きます。岡田Japanは国民の期待を裏切る活躍を見せるのか。その前に、カズを外した時のように本田圭介を中心としたチーム作りを掲げ俊輔を外すようなネガティブサプライズはあるのでしょうか。開催まであと3か月。



K’Naan & David Bisbal"Waving Flag"

スペイン人シンガーDavid Bisbalと一緒バージョン。



K’Naan"Waving Flag"(Celebration Mix)Live

一言、すごいライブ。



Young Artists For Haiti"Waving Flag"


K’naan、Nelly Furtado、Avril Lavigne、Sam Roberts、Pierre Bouvier (Simple Plan)、Tyler Connolly (Theory Of A Deadman)、 Kardinal Offishall、 Jully Black、 Josh Ramsay (Marianas Trench) 、Jay Malinowski (Bedouin Soundclash) 、Chin Injeti、Jacob Hoggard (Hedley)、Red 1、Lights、Derek Whibley (Sum 41)、Serena Ryder、Emily Haines (Metric)、 James Shaw (Metric)、Hawksley Workman、 Drake、 Ima、 Elisapie 、Pierre Lapointe、 Esthero、 Corb Lund、 Fefe Dobson、 Jim Creegan (Barenaked Ladies)、 Tom Cochrane 、Kevin Parent、 Lamar Ashe、 Colin James、 Nikki Yanofsky、 Suzie McNeil、 Stephan Moccio 、Aoin Clarke、 Kathleen Edwards、 Jim Cuddy、 Shiloh、 Stacey McKitrick、Jessie Farrell、 Colin MacDonald、 Justin Nozuka、 Hayley Sales、 Matt Mays、 City & Colour、 Arkells、 Pat Kordyback (Stereos)、 Dave Faber、 Brandon Lehti、 The Canadian Tenors、 Justin Bieber、 Torquil Campbell (Stars)、 Broken Social Scene。

ハイチ救援の為に歌われた"We Are The World 25"のようにカナダ人アーティストが集結した"Waving Flag"。ソロパートを任されているのは21名。個人的に驚いたのはお兄ちゃんは参加していないけど、Justin Nozukaの参加。もう1つは"We Are The World 25"でも参加していた

 
Justin Bieber

"可愛い子ちゃん"のJustin Bieberが大トリを務めています。バービー、フィーバー。 

おもろ~ 

vancouver.jpg

3人組再び。

オリンピックが閉幕して数週間を経て今更感が満天青空レストランになりますが、言い残して置きたいオリンピック最高!
フィギュアスケートでは採点がキム・ヨナ寄りで真央ちゃんのトリプルアクセルを正当に評価すべきなど議論(という域でもないけど)がにわかファン(俺も含むw)の間で交わされたのも近年の直接対決ではキム・ヨナに勝てていない事実もありましたが、日本選手団の中で金メダルに最も近い存在だっただけに、真央ちゃんの金メダルを最後まで信じて疑わなかった表れで、そりゃ応援に熱が入りますよね。ただ、採点の話は別として客観的に観賞する事で勝敗は明らかであったと個人的には感じました。氷上に降り立つ前の微笑も含めキム・ヨナは圧倒的でした。
話は唐突に変わりますが、グルジア代表の何とかちゃんのおっぱいがでかかった!てな感じで、時折ではなく毎回軟派な言葉を並べている当lazy blogなだけに、お茶目な遊びを入れても効果薄。それが硬派な雑誌Numberの手に掛ると・・・。

5.jpg

何とかちゃんはエレーネちゃんでした。

51.jpg


ジョニー・ウィアーの(男)の補足とページの構図に吹いた。

確かに美しかった。おねぇ系なのか気になったけど。

London"Back To The Way"のMV公開。 

Londonland.jpg


09年俺チャートTOP50をまた引っ張り出します。第5位にランイクインしていたLondon"Back To The Way"のMVが公開されました。きっと歌詞内容である回想を効果的に表現する意図の元でフラッシュバックに掛けて閃光を挿入しているんだろうけど、一時的な挿入でなく現在のシーンでは途切れなく挿入しているので希薄化を招いている気がしてなりません。それとなんと言い表わせばいいのかわからないけど、デモで聞いた時よりもMVで流れるメロディでは刃物を研ぐようなシュ~ゥンって音が大きくなって耳触り良くないです。どうしたものか。



do you remember the time when we fell in love?...

でも、このMVの公開は年初に発表された今夏デビューアルバム"Londonland"発売予定に現実味を帯びさせてきたので嬉しいですヒィーハァー。Londonの"Sometimes"を聞いた出会いもかれこれ3年近く経過してLondonの楽曲を見かける度に更新途絶えたのっけからのt-seiさんが元気でいるのか気になります。t-seiさんがLondonを紹介した当時の記事に俺はコメント残していますが、Londonという芸名は検索でヒットさせるの難しい。それなのに、都市名を芸名にしたLondon・・・切れ者なのかそれとも・・・。

| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
02« 2010/03 »04

FC2カウンター

プロフィール

takeru

Author:takeru
I’ll be here enjoying music until the day that I die ヒィーハァー.

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。